薬食同源

メディカルハーブ講座の中で、ハーブティーの出がらしの栄養素も無駄にせず、

まるごと摂りいれることが話題になり

お菓子やスープなどに混ぜて使える!!

というアイディアで授業中とても盛り上がりました。

医食同源または薬食同源とい考え方があるように、食材が食べる薬としての働きをもつことを

楽しみながら摂りいれていきたいと、歳を重ねるごとに強く思います。

「ハーブの歴史百科」は 標本のようなイラストが美しいことと、

昔から伝えられてきたハーブ料理のレシピ掲載がところどころにある楽しいハーブ本です

 

 

 

 

 

 

その中の「春に食べるネトルのスープ」レシピ。

レシピを参考にブロッコリーとネトルのスープに変えてみました

「天然のマルチビタミンとミネラル」といわれるネトル

たっぷり栄養補給できた! 気がしています

 

関連記事

  1. ミュシャ展へ

  2. 外部講座のお知らせ【暮らしの中のアロマ&ハーブ講座】

  3. エルダーフラワー

  4. お役に立てるように

  5. ご縁は宝物

  6. ハーブ&スパイスをつかって