植物のカタチ

京都の香木店で見つけたときは嬉しさのあまり舞いあがってしまいました。

白檀(サンダルウッド)

乳香(フランキンセンス)

没薬(ミルラ)

安息香(ベンゾイン)

こんなにも乾燥したものから精油が得られるの? と不思議に思ってしまいますよね。

精油の原材料となる植物のカタチをぜひ手にとって感じて欲しいと思い

アロマテラピーのクラスで紹介しています。

本日のレッスンで、この植物のカタチひとつ、ひとつのストーリーをお話ししていたら

京都に行きたくなりました。

古都には探求してみたいものが溢れています。

 

関連記事

  1. 冬につくりたくなるもの

  2. 未来の自分を想ったときに

  3. ハーブの季節

  4. 日本アロマ環境協会総合資格認定校になりました

  5. 9月レッスン・ハーブコーディアルづくり

  6. ちゅーピー親子アロマテラピー教室