涼をもとめて

 

昨日は、総合病院緩和ケアでアロマトリートメントの日でした。

ラウンジの香りも 爽やかさと涼やかさを感じていただけそうな香りを選びました。

普段から人気の香りなのですが、厳しい暑さの夏に活躍するのがペパーミント精油で

成分のlメントールには冷却作用があり、香りを嗅ぐだけで体感温度がマイナス4℃下がるといわれています。

この日病棟でもペーパーミント、オレンジ、レモンなどの組み合わせを希望される方が多く、

ミントと柑橘系は夏にとても人気のある香りです。

ハンカチにペパーミントを数滴垂らして持ち歩くことがありますが、

電車の中でも外出先でも さっと取り出したときの爽やかな香りが気分をスッキリとさせてくれます。

みなさまも この夏ペーパーミントをぜひお試しになってください。

 

 

関連記事

  1. ミュシャ展へ

  2. メディカルハーブ新講座ご案内

  3. エルダーフラワー

  4. 食卓にハーブを

  5. カモミールジャーマンの蒸留

  6. カマズレンブルー