香りの女王と薬屋のバラ

今年最後の出張講座は「ローズ」がテーマ

古代から薬用として使われてきたダマスク種とカリガ種の2種類のローズは

“香りの女王” “薬屋のバラ” と言われてきました

香りのよいローズを体の内側から摂り入れる方法として

実習ではカリガ種 “薬屋のバラ” でローズジャムをつくりました

ドライのローズを使う場合のポイントは、渋味をださないよう弱火でコトコト煮ること。

ドライのローズも良い香りを放ちますが、いつかはフレッシュなダマスクローズの花びらで

ジャムをつくってみたいと、みなさまとの妄想時間・笑

長年の憧れごとです

関連記事

  1. 3Arrows アマテラピーアカデミー

  2. ハーブの季節

  3. 皮膚のガードマン

  4. チョコとスパイス

  5. 冬につくりたくなるもの

  6. 歯と香り